スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝えられない手順伝道師。

余り知られていない、しかし、使うと便利な手順などを公開してみます。
これを見て少しでも読者の積みの向上に貢献できたら幸いなのです。
では、少しづつ記してみます。
1.暴発回避手順

ある列に一つでもぷよを置いたら暴発しちゃう・・・、そんな時のお手軽回避手順。

この時、5列目に赤置いたら暴発しちゃう・・・! そんなイメージが強い時に、積極的に5列目に赤を置かない人が多い。
が、しかし、実際には5列目には赤を置くほうが、逆に飛びヅライのである。


あえて赤を置く。

その赤を起点に、3つつなげる!!

こうすることで、赤を置かないというよりも、そこに赤を置いて連鎖に絡めることで、確実に暴発しないようになる。

こう置いてしまえば、もう5列目に何置いてもほとんど赤が飛ぶことは無い。


赤を回避する余りにこういった手順を踏んでしまうと、5列目に赤を置いた瞬間に、上から赤が降ってきてしまって飛ぶ可能性が非常に高くなってしまう。

そういう"リスク回避"も兼ねて、あえて赤を積極的に5列目において、それを3つ繋げて必ず連鎖に組み込める形にするほうが、遥かに暴発回避率はあがる。
これは覚えておいて絶対損はないと思うので、ぜひ使ってみてほしい。





2.多重折り返し術。
上級者への必須技術と言ってもいい、多重折り返し技術。コツというものがなくはないので、それを少しでも伝えられたら幸い。

まず、普通に組む。

このまま鍵積み等で、左側に伸ばしてしまうと、第一折り返しの真上のスペースが死に、連鎖力が極端に下がってしまうし、副砲もなくなるので多重折り返しを狙おうとするべき。

パターン1:副砲を経由する場合

2ダブを構える。

発火点を変えて、多重完成。

端の赤を3つ繋げて、飛ばす経路を辿ることで、折り返しをキーぷよ風に処理することで多重にする。
基本となるのは、3つつなげるということ。取り敢えず折り返しの色を全て3つ繋がりにしたら多重は比較的楽にできる。


パターン2:連鎖の方向をまるっきりかえる

このように、うまくハチイチを利用することで、上向きの流れに修正をかける。
パターン1とさして違いがあるわけではないが、こちらの方は副砲を経由しない代わりに、ハチイチをふんだんに使うので、速度面では勝る。



多重折り返しを使うと、相手の目をくらませることができるし、パターン1の経路を踏めば、相手に隙があれば2ダブを打ち、相手が2ダブに対応しようとして形が崩れてしまってるのを見てから、本線重視のぶっぱ戦略に持って行けたりする、"自由度"が高まる。
2ダブを経由する、そういった考えが重要なのであって、2ダブを打つことに重点を置いてないことがポイント。
この様に、攻め手が沢山ある、"可能性がふんだんにある積み"を意識していくと、中盤戦への勝率は格段に上がる。
攻め手が短調で読まれやすい、などと言われたことのあるプレイヤーがもしいたならば、こういった手順も試してみるときっといいプレイが出来ると思います。





3.大連鎖のススメ
を書こうかと思ったんですが、眠いのでまた次回用にとっときます!!
次の更新は、比較的早めに出来ると思いますので、気長に、のんびりと、お待ち下さいませ。では。
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【伝えられない手順伝道】

余り知られていない、しかし、使うと便利な手順などを公開してみます。これを見て少しでも読者の積みの向

comment

管理者にだけメッセージを送る

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
わふー
hkhosukeの適当な日記

ほすけ

Author:ほすけ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。